「はじめてのランパブ」 4ねん3くみ ネンだネンいち
 もう先々週くらいのはなしになりますが、しょくばのこうはいにつれられて、ボクはうまれてはじめてランパブというところに行ってきました。ランパブは思った以上におっぱいがたくさんあってボクはとてもびっくりしました。

 キャッチのおにいさんに案内されて、ざっきょビルのエレベーターをのぼり、おみせの扉をひらくとボクのへやの2倍程度のせまい空間に7〜8人の上半身裸の女の人と、その倍の数のおっぱい、それと5〜6人の男性客のひしめきあうすがたがボクの目に飛びこんできました。

 話は前後しますが、ここでランパブを知らないひとのためにせつめいしておくと、17世紀にイギリスのパブロ=ランチェスター伯爵がトランプのゲームの最中に片手でつまめるように(おっぱいを)、と発案したものがランパブの起源とされており、それがこんにちの本邦でおさわり可のスナック的なものに形を変えたと言われております。

 さて、話はもどってランパブですが、けつろんからいうと、ランパブはとてもつまらなかったです。どのくらいつまらなかったかというと、このひとつ上の段落と同じくらいつまらなかったです。あ、今、ボク、すごくうまい比喩を使いました。

 どこがどうつまらなかったのかというと、さっきも書きましたが、扉をあけた瞬間から、おっぱいがすでに見えているのです。すでに扉をあけた瞬間から他のお客さんに揉まれたりつままれたりしているあらわなおっぱいが目の前にあるのです。ボクの記憶が正しければ、ランパブの「ラン」はランチェスター伯爵の「ラン」ではなくって、ランボルギーニの「ラン」でもなくって、紋舞らんの「ラン」でもなくって、ランジェリーの「ラン」のはずなのに、ボクの目に映るのはすでに腰までずり下げられたランジェリーとすでにあらわなおっぱいばかりなのです。

 それで、ボクたちが店に入り席に着きしばらくすると、二人の女の人がやってきたのですが、一応その時はランジェリーを一旦ちゃんと着るのです。さっきまですぐ目の前で他のお客さんの相手してる時はトップレスだったのに、一応新しいお客さんに付く時は腰まで下ろしてるランジェリーを一旦戻して「こんばんは〜」なのです。で、またすぐ下ろすのです。「ぽろ〜ん!」とか言って。…冷めるわ!!!

 前からボクは、おっぱいには貴賎はなく、どのおっぱいももれなく素晴らしく、おっぱいこそが世界に一つだけの花だと口を酸っぱく言い続けてきたのですが、その考えがはじめてのランパブ体験でまさかくつがえされることになるとは、あの頃のボク(小2の頃)には想像もつかないことでした。

 やはりお金で買えるおっぱいは悪いおっぱいなのだと、そう考えを改めながら店をあとにしたボクは、滅多にやらないパチンコで負けた時と同じくらいの重い足取りで家路をたどるのでした。

ちなみに言うと、一時間8000円でちんこ一度もたちませんでした。なにこのいろんな意味での喪失感。
【2006/07/25 11:23 】
| おっぱいと僕 | コメント(89) | トラックバック(-) |
ネンネンのメルヘンポエム その5
サバイバル・ハネムーン!
デンジャラスな夏、2・0・0・5
真夏の日差し浴びて走る
渚のサマービューティー、お前のことさ
あと、お前とお前とお前のことさ
お前とお前はギリギリアウト
お前にいたっては問題外
だってあんたはケジラミ持ち
そういう意味ではデンジャラス
そういう意味では一番危険
デンジャラスな夏、2・0・0・5
でも、僕が求めてるデンジャラスさってのはそういうのじゃないっていうか
僕が言ってるのはひと夏のアバンチュール的なヤツのことで
確かにちょっと言い過ぎたところがあったってのは認めますけど
なにも泣くことないじゃないですか
ほら、ポエムってなんか勢いとかで押し通した方が良い部分ってあるじゃないですか
悪ノリが過ぎたのも認めますけど、ノリっていうかグルーヴっていうの?
そういうのって大事だと思うんスよね
だから決して本気で言ってる訳じゃないんスよ
いや、あなたのケジラミは本気っていうかマジだけど、それはそれとして…
いや、だからなにも泣くことないじゃないですか!

(台詞)
「なぁ、『ご主人様』と『お兄ちゃん』、どっちならOK?」
「目が本気ですよね」
「じゃ、『メス犬』と『メス豚』、どっちならOK?」
「目が本気ですよね」

サバイバル・ハネムーン!
【2005/07/01 10:28 】
| ポエムと僕 | コメント(2) | トラックバック(-) |
ネンネンのメルヘンポエム その4
トレビアンヌ、トレビアンヌ
ついさっき乳首が取れビアンヌ
ゆうべ見た夢のとおりに取れビアンヌ
左右同時にトレビアン

ゆうべ見た夢のとおりなら
このあと僕は死んでしまう
あの赤い空が落ちてくる前に
早く取れた乳首をホルマリンに
そんな彼女はレズビアン
ごめん今の言いたいだけ

(台詞)
「なぁ、頼むから、今日だけで良いから俺のこと『お兄ちゃん』って呼んでくれないかな?」
「ちょっと! こんな街中で土下座すんのやめて!」

あの赤い空が落ちてくる前に
早く取れた乳首をホルマリンに
【2005/07/01 10:26 】
| ポエムと僕 | コメント(0) | トラックバック(-) |
ネンネンのメルヘンポエム その3
おっぱいとれた、おっぱいとれた
とれたおっぱいネンが拾い
腰からぶら下げキーホルダー
なにかといつでも揉んでいる
コリコリコリコリ揉んでいる
癒しの効果で能率アップ
5割増しのスピードで
更にコリコリ揉んでいる
今ではすっかり腱鞘炎
お陰ですっかり腱鞘炎
【2005/07/01 10:25 】
| ポエムと僕 | コメント(0) | トラックバック(-) |
ネンネンのメルヘンポエム その2
きんたまとれた、きんたまとれた
とれたきんたま追いかけて
森をさまよい早8年
ころころころがるきんたまよ
同じ夜は過ぎるのに
いつしか彼女はダムの底
水面に映るお月様
空と水面のお月様
彼女は言った「きんたまだ…」
【2005/07/01 10:24 】
| ポエムと僕 | コメント(0) | トラックバック(-) |
ネンネンのメルヘンポエム その1
ちんちんとれた、ちんちんとれた
とれたちんちん頭にのせて
ちんこを支点に逆立ちドーンッ!

ドッ、カーーーーーン!
【2005/07/01 10:23 】
| ポエムと僕 | コメント(0) | トラックバック(-) |
廃人の朝
AM 7:25

 「あ、あたい、日記が、日記が書きたいのーーーーー!!」

 目覚まし代わりの携帯のアラームが鳴る5分前、テキストサイト管理人歴4年と8ヶ月のヨシ美はそんな絶叫とともに目を覚ました。 

“目を覚ましてまず最初にやるコトはPCの電源を入れるコト”

 そんなネットにどっぷり浸かった中毒とも言えるような日々はもう、5年になるが、今日はいつにも増して、PCの起動の時間をも惜しい程に早く、早くコンピュータと戯れたかった。
 そう、先ほど夢とうつつの狭間で発した言葉の通り、確かに今、彼女は日記を書きたかったのだ。

 テキストサイト−−−−−「ファニーゲーマーズヘブン」「侍魂」「ろじっくぱらだいす」などなど、その界隈に有名なサイトは多々あれど、ヨシ美のサイト「新しいキノコ」は月2,000HIT程度のいわば中小サイトだった。「いつかは私も大手に!」という夢はサイト開設から2年経った頃に諦めた。自分の文才の微妙さに気付いたのだ。

ヨシ美にはそれなりの文章力はあったのだが、いわゆる万人受けするようなモノは書けなかったのだ。いや、正確に言えば決して書けない訳ではなかったのだが、ある意味でヨシ美は「テキストサイト管理人」というキャラクターに徹しきれなかったのだ。ヨシ美はそんな自分を理解し、飲み込んで、そして諦めた。諦めた、が、自分が書いた日記に反応を貰ったり、掲示板に書き込みがあるのは、それが例えただの世間話だとしても嬉しかった。なにより見知らぬ人と気軽にコミュニケート出来るネットが、サイト運営が楽しかった。

 「何も大手を目指すコトだけがサイト運営じゃない」「わかる人だけがわかってくれればそれで良い」と、そんな風に言葉にするとなんだか負け惜しみのようにも聞こえるかもしれないが、事実ヨシ美はそんな中途半端なポジションに多少不本意ながらも居心地の良さを感じていた。

 そんな訳でずるずると、しかし「せめて自分が納得する日記を」とそれなりのこだわりを持って4年と8ヶ月もサイト管理人を続けていたヨシ美なのだが、さすがにそれだけ長く続けていると、日記に書くネタも無くなり、ここ半年はせいぜい月3・4回の更新と、お知らせ的な更新でお茶を濁す日々だった。

 しかし、ヨシ美には今日こそは書けるという確信があった。それも今まで自分が書いたどの日記よりも面白い、過去に唯一好評だった自サイトの日記「素股と私」をも軽く凌駕する程の、最高の日記が。

 起動画面が消え、PCのモニタにはヨシ美のキャラとは多少かけ離れた白背景にピンクの文字で「Peace!」と書かれた自作の壁紙が現れる。目が覚めた瞬間ではなく、この画面を朝イチで眺める時がヨシ美の"一日の本当の始まり"であり安堵に似た感覚を味わう瞬間なのだが、今日に限ってはその感覚も無い。

 テキストエディタを立ち上げ「さぁ、書くぞ」と思った瞬間、今更になって目覚まし代わりの携帯のアラームが鳴り出した。ヨシ美は朝が弱い為(というより毎晩遅くまでネットをやってる為)、少しうるさいくらいの音を目覚ましに設定しているのだが、今のヨシ美にはそれは「日記」という名の「自分との果たし合い」のスタートを告げるホイッスルのように聴こえていた。いつもより少しだけ遅い今こそが"今日の本当の始まり"だ。ヨシ美の確信は更に深まっていた。書ける、今なら書ける、私なら出来る。今までの自分を、完膚なきまでに−−−−−−



4/29 りぼんちゃん

 チクビ、キューーーー!(挨拶)ってコトで「新しいキノコ」のヨシ美さんですどうもこんにちわ(乳首から緑色の液体を放ちながら)。今日も私の背中に出来た突起物はいつものように元気にグイングインと動いています! ううん、言っちゃうと今日はいつも以上にグイングインと動いています!あらんばかりに動いています! グイングイイイイインです! コココココウィーーーンです!モゴゴゴゴゴだったかもしんない。知らない。どうでも良い。お前らホントどうでも良い。ううん、ホントは好き。あなた達のコトが、ヨシ美だぁーーーい好き! だいだいだぁーーーーい好きゅーーん! 好きゅーーん! ぎゅぎゅーーん! グイングイイイイン! ブルブルブル…! ボンッ!(飛び散る脳漿)あ、流れ星っ!ミ☆「犬!」「犬!」「犬!」 よーっし!ちゃんと3回言えた! エラいぞヨシ美☆ やだ、嬉しくって私なんだか濡れて来ちゃった…。って思ったら生理ーーーーッ!! みたいなー! お腹痛ーいッ! みたいなー! 実は下痢ーーーッ!!こしゃくなー! えーい! 勝負はこれからDA!ブリブリブリブリーーーッ!! はッ! け、血便…!?
 そんな訳で今日私は背中の突起物に「りぼんちゃん」という名前を付けました。愛しい私のりぼんちゃん…(りぼんちゃんから放たれる黄色の液体)(酸性)。



 …よしっ!(ヨシ美、満ち足りた表情)
【2005/04/28 12:02 】
| その他 | コメント(2) | トラックバック(-) |
| ホーム | 次ページ